健康と生活 生活

ANYTIME FITNESS 所属店舗変更のお知らせが届いた

投稿日:

向ヶ丘遊園にANYTIME FITNESSが出来ていたことがわかって、ほぼ毎日通ってるんだけども、
今日、登録した店舗からこちらの店舗に移籍しました、というお知らせが届いた。
利用規約第12条に基づく、と書いてある。どういう条項かというと、

  1. 会員は、第3条第3項に定められたとおり、全ての「エニタイム・フィットネス・センター」を利用できますが、60日にわたって調査した結果、会員が所属加盟店より、他の加盟店を主に利用していると所定の基準に基づき判断された場合は、文書での通知をもって会員の移籍が行われます。移籍の際には、移籍後の加盟店において定められた会費等をお支払いいただきます。その会費等は、移籍前の加盟店において定められている会費等より高額となる場合もあります。
  2. 移籍にあたり、会員が移籍前の加盟店において契約していたロッカー等の付随契約については、移籍後の加盟店においては引き継がれません。

ANYTIME FITNESSは店舗の立地条件によって月額使用料が異なるのだが、
どの店舗を利用しても良い、という"ANYTIME"が"ANYTIME"である所以の権利とバランスするため、
直近最も利用回数が多い店舗の月額使用料が適用される、というルールがある。
リスクの文書化という観点の文書で、月額利用料が高くなることの周知になっているが、
同じ理由で、月額利用料が高い店舗から低い店舗に自動移籍するケースもある。

今回のケースだと、7,400円/月+税 から 6,980円/月+税 へ減額された!

ジム通いを続ける戦略は2つあると思う。

  1. 会社の近くの店舗に勢いで滑り込む。その後限界を超えて長時間かけて帰宅する。
  2. 会社から急いで帰宅する。気力を維持してジムに入り、その後比較的短い時間で帰宅する。

上記の戦略を選択するにあたって考慮すべきポイントは以下。
1.は行って初めてわかったこと。
2.は、モチベーション維持のためにお金を惜しむべきでないと考えていた。

  1. 郊外型店舗は広くて機材が充実している。
  2. 郊外型店舗は月額利用料が安い。

ジムというのは、1日の活動を心身共にリセットする癒しスペース、という側面があると思っていて、
広くて綺麗な店舗でリセットして、すぐに帰宅して明日に備える、というルーチンが合ってるかな、
と思ったりする。そして何より郊外方は安い。

小田急の登戸に快速急行が止まるようになったので、
帰宅するより速くジムに到着できるな。

-健康と生活, 生活
-

Copyright© ikuty.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.