健康と生活 生活

過集中対策

投稿日:

nofollow,noindex記事。

ある程度予想していたけども、やっぱり負荷がかかると体がきつい。
でも、同じ状況にある人が日本に相当数いて、だいたいそういうのだから、
自分だけ苦しくならないわけがないな。改めて書くと、想定出来ていたこと。

今、ありたい姿に向かって一歩を踏み出したのだから何も悲観しない。

  • 人との比較はしない。昨日の自分と比較する。
  • できることをできる範囲でやる。
  • 過集中しがちな脳の作りをしているのを忘れない。
  • 過集中は制御できない。できないことを悲観しない。
  • 課題は過集中による脳の疲労と無呼吸。

過集中に気づいたときのチェックリストを用意しておいたのだけど、
その過集中でチェックリストを用意したことに気付けなかった。。
制御できない、というのと矛盾しているけども、時間で区切って思い出すくらいはできるかも。

入眠前の2時間、デフォルトモードネットワークに入ることが大事。

  • PC、スマホ禁止
  • できたこと、楽しかったことを3つ思い出す
  • 瞑想で深い呼吸を思い出す
  • 筋骨格系の緊張をなるべく解く

-健康と生活, 生活
-

Copyright© ikuty.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.