雑記

<自分語り・ポエム>データエンジニア(造語) - 確率統計・線形代数・解析学・高校数学 勉強のための勉強をする理由

更新日:

このブログを読んだ知り合いから、勉強のための勉強をしても意味ないんじゃ? 
って突っ込まれることがあります。
それに対する回答をポエム形式でお送りします。
恥ずかしいので消すかもしれません..。

きみ、数学っぽいことやったことないよね、と返したくなるけども、
実際、自分も人生の最初の頃に偶然理系の大学を選んで情報系っぽいことをやっただけで、
しかも普通の私大の理系で、正味6年くらいのアドバンテージしかない訳だし、
それからかなり時間がたってるし。
その反論はかなり無理があるので恥ずかしい訳でしないです。
あ、自分も数学っぽいことしかしたことなかった、てへぺろ、となる訳です。

じゃあ、何やってるのか?

知ったかでは何も出来ないです。

Web開発はフレームワークがリッチですしね。
かなりeasy modeになって未経験でも2年で一人だちしている人もいます。
それが良いか悪いかという議論は確かにありますが、
何もできないことはなく、それでエコシステムが出来ています。

じゃあ、この世界で、単なる一つの手段でしかない機械学習のライブラリの使い方を覚えたら
食っていけるのか、食えないでしょうね。
おそらく、価値を生み出す手段は数学の問題を解くプロセスにかなり近い。
知ったか知識で作ったバグだらけのシステムでも納品すればOKかもですが、
知ったか知識では問題が何かわからないので解くに至らない。

ただ、妙に性に合ってる感じがあるのですね。
偶然理系の大学を選んだ訳ではなくて、それこそ小学生の頃算数が好きだった訳です。
幼稚園のときにレジの数字を暗算するのが好きでした。
小学生のとき周囲の出来事をデータ化してノートに書くのが好きな危ない子でした。
小学校、中学、高校と、数学で90点以下取ったことないですし。
テストで点取る道具というよりは、結構楽しい対象でした。

やはり基本的なオツムの程度、というのは学力競争の中でハッキリします。
どう頑張っても偏差値60から63くらいな訳で、
(浪人してイキってたとき数2で偏差値83出しましたがw)、
この世界で食っていく場合、母集団を考慮するともっと下がると思います。

自分が見ている世界の上の世界が存在することは当然理解しています。
この壁は努力で越えられるものではなさそうです。
地頭の良さでしょうかね。頭の回転の速さとか。

あのヒエラルキーが直結する世界であると思っていました。
これが参入障壁の本質である気がしていました。

あれ、本当に越えられないのか?となります。
思考が幼い子供の頃のスキームを超えて、
ロジカルに詰めて上り詰めることはできないのか。

越えられない壁を知っているからこそ、
あえて越える道を探そうという感じです。

理解できないことを理解すれば理解できます。
理解できることを積み重ねればより高みに上がれます。
昔はそれが出来なかっただけで、今なら出来ると。

高校数学はおそらく問題ないし、何なら今年昔よりいいとこの大学の数学の過去問も解けそうです。
学生のときにもっと勉強していれば良かったなぁ、という線形代数、解析学、確率統計も、
やればやるほど吸収できる感覚があります。しかも楽しい。

これが勉強のための勉強をしている理由です。

ポエム終了。

-雑記

Copyright© ikuty.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.