オーディオ

ハイレゾ音源に散財せず聞き疲れしない暖かい味付けの音楽を楽しむシステム

投稿日:

昔、ちょっと高めなオーディオ機器にハマったことがあって、
この世界に中途半端に金をかけることの無意味さを理解したつもり。
そのおかげか、ポータブルオーディオやイヤホンに散財することなくやり過ごせた。

スペックはある一定のところで飽和するので、飽和する直前のところで
自分の好みの音がなる装置を準備できれば良いかな、と思っています。

そうは言っても、沼にハマらずに済むには、一定の投資をしないといけない。
そうしないと、もう少しお金をかければより良い体験ができる的な妄想が出てきてしまう。
高級になればなるほどオールマイティーに良い経験ができる。
10万から20万とかいう庶民のラインだと、いかに好みの経験ができるシステムを見つけられるか、
という挑戦になる。

3万、5万、10万とステップアップしてしまい、
結局とんでもない浪費をしてしまうのは避けないといけない。

その昔、暖かい味付けで女性ボーカルの曲だけが異常に美しくなる楽器みたいな構成を
DALI METOUR MENUET 12万。DENON PMA-1600NE 11万 で実現した図について買いてみます。
ハイレゾ音源買わなくてもストリーミングで満足できます。

スピーカーあれこれ

スピーカーは拘った。もう何回も試聴しにいった。
10万くらいだと、流通が多いやつしか選択肢に上がらないのだけれども。
DALIのMENTOR MENUET。
やっぱね、スピーカーは10万出さないといけない。
女性ボーカルの艶っぽさ、というやつかな。溶けそう。
クラシックとかJAZZとか全然ダメwで、トランスなんか全く聞けないww
もともとそんな音楽聴かないから良いんだけども。
柴田淳とか女性ボーカルが暖かく広がる感じがたまらなくツボにはまる。

解像度とか聴感S/Nとかが観点になると、ハードウェアのスペックが激しく影響するから、
際限なく沼ぬハマっていく印象がある。そもそも10万でハイレゾとか意味ないんじゃなかろうか。

DALI MENTOUR MENUETなら、低ビットレートのネットラジオを聞いても味付け勝ちになる。
ハイレゾ音源を買いたいっていう衝動が起きないというか。

スピーカーは物理的に振動板が振動する楽器なのだから、
鳴ってる音が気に入ればそれで良いと思うわけです。

AudioPro IMAGE11は繊細だったけども何もかも足りなかった。
DALI ZNSOR1は幾分マシになったけど全く満足できなかった。
B&W CM1は好みじゃなかった。

プリメインアンプ

スピーカーと同じ論法でいくと、10万そこそこで満足を得るには
バランスとか暖かさに振ると良さそう。音源がヌルくても誤魔化せる。
日本で流通が多くてこちら側なのはDENONかなと。
PMA-1600NE。DENONのミドルクラス。音源は再生専用のMacMiniを使用(不要になったやつ)。

さすがにスマホからBluetoothだと苦しいけども、MacMiniにいれたAppleLossLess音源なら
十分満足いく。DSDとの違いは不明だけれどもFLACのハイレゾだと違いはあまりわからない
そして、圧縮音源も十分素晴らしさを発揮してくれる
これ使っててDSD聴かないのはアレかもだけど、高級車が一般道を走っても良いわけで、
むしろ無料で聞ける圧縮音源を素晴らしいレベルで聴かせてくれるのは贅沢なんじゃないかな。

Marantzの8000シリーズで揃えたけども耳が痛くて苦しかったな。
スピーカーの前に座って迫り来る音に全力で対応しないといけない感じ。
8000シリーズくらいだとサ行が刺さるので"疲れる"の一言。
10万そこそこで高解像度とかクラシック聞くとかどうせ無理なんですよ。

スピーカーケーブル

スピーカーの次に音が変わるのがスピーカーケーブル。たかが線なのだけれども。
これを取っ替え引っ替えするのは、既に沼で泳いでいると言うのに等しい。
何度か泳いだのだけれども、結局結論が出ず、店員の推薦で購入。
AudioQuestのメーター2K円くらいのやつ。BELDENの赤黒より味付けが多い感じ。

-オーディオ
-

Copyright© ikuty.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.