小田急線のダイヤ改正

小田急線の新宿-登戸間の各駅停車しか停まらない駅に住んでいるのだが、
先日のダイヤ改正で不便になったので感想を書いてみる。

便利なのは登戸より先だけかも

平行して走る京王線は新宿までの距離とは関係なく調布までの各駅は距離以上に時間がかかるのだが、小田急も登戸までの各駅は距離以上に時間がかかるようになった様子。

ポイントは、複々線なのは登戸から代々木上原の間だけで、
代々木上原-新宿の間は複線に絞られることかな。

登戸より先の遠距離用の”増発分”が新宿に行く代わりに、
代々木上原-新宿間で溢れる分は千代田線に行くことになって、
近距離用は各駅停車か千代田線直通か、どっちかになってしまう。

ピーク時の乗車率は下がったのかもしれないけれど、
ピークから少しずれるとダイヤのギクシャク感で不便になった感じすらある。
上りはそんな感じ。

下りは、というと、ピークから少しずれると本数が減り、
実質的に急行の半分が快速急行になった感じ。

もう諦めて各駅停車で座って帰宅するのだが、これがあるべき姿かな。
“5分早く到着するために”急行に乗るのが間違いだったと思ったり。

小田急

社会人になってから小田急線に何故か縁があって、納まりが良くて今も住んでいます。
新宿-登戸、登戸-新百合ヶ丘、新百合ヶ丘-町田、町田-本厚木、本厚木-秦野、秦野-小田原
全区間に人生の思い出があったり。

新百合ヶ丘-登戸の間に住んで表参道に通ってたっけな。
新松田-小田原の間に住んで月光頼りに帰宅したっけな。
同期と町田でグダグダしてましたな。
新百合ヶ丘と町田で会社のイベントがあったな。
相模大野の駅ビルでもイベントがあったな。

本厚木から先の小田急と、新宿-登戸間の小田急は同じ鉄道会社とは思えないな。
今何気なく乗っている小田原行きの電車は、1時間後に新松田辺りを走行してるんだな。

下りの成城学園前行きなのか、上りの成城学園前行きなのか、
いずれにせよ夜遅くなると行き先は成城学園前。
何か成城学園前行きの方向幕に安堵の感情を覚える。
どんだけ成城学園前が好きなのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする