ActiveRecord CRUD

Eloquentと同じじゃないかと期待ていたら、その範囲では同じだった。

Create

引数名をキー、引数値を値としたハッシュを渡す。
new/save、createの対応はLaravel/Eloquentと同じ。

Read

whereはPrepearedStatement風。
チェインして書ける。to_sql()でSQLを確認できる。

Update

インスタンスパターン。BulkUpdate時にValidationを回避できる様子。

Delete

基本的に物理削除で、論理削除を実現するgemを導入して初めて論理削除になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする