php5.xの寿命

CentOS6系の標準リポジトリのPHPバージョンは5.3。さすがに古いのでphp5.6ぐらいには上げているのが普通だと思う。その先はどうするのか?

2015年12月3日にphp7.0がリリースされた。php7がいろいろ凄いのは他の記事を参照のこと。じゃあ5.xで書いてしまった古い資産は一体いつまで持つのだろうか。英語版Wikipediaが参考になった。答えは2018年12月31日である。フレームワームに乗っからないで、または独自フレームワークを使ってゴリ押しして作ったコードは2018年12月31日命が尽きる。

PHPは世の中の80%以上のシェアを持つサーバサイド言語だから、2018年12月31日は割と重大な日なんじゃないかと思う。きっと素晴らしい大晦日だろう。

Version Release date Supported until Notes
5.5 2013年6月20日 2016年7月21日 Support for generators, finally blocks for exceptions handling, OpCache (based on Zend Optimizer+) bundled in official distribution.
5.6 2014年8月28日 2018年12月31日 Constant scalar expressions, variadic functions, argument unpacking, new exponentiation operator, extensions of the use statement for functions and constants, new phpdbg debugger as a SAPI module, and other smaller improvements.
6.x Not released N/A Abandoned version of PHP that planned to include native Unicode support.
7.0 2015年12月3日 2018年12月3日 Zend Engine 3 (performance improvements and 64-bit integer support on Windows), uniform variable syntax, AST-based compilation process, added Closure::call(), bitwise shift consistency across platforms, ?? (null coalesce) operator, Unicode codepoint escape sequence, return type declarations, scalar type (integer, float, string and boolean) declarations, <=> “spaceship” three-way comparison operator, generator delegation, anonymous classes, simpler and more consistently available CSPRNG API, replacement of many remaining internal PHP “errors” with the more modern exceptions, and shorthand syntax for importing multiple items from a namespace.
7.1 2016年12月3日 2019年12月1日 void return type, class constant visibility modifiers, nullable types, iterable pseudo-type, catching multiple exception types.

フレームワーク上で書いていれば、フレームワークより下はフレームワークが面倒を見てくれるはずだ!

CakePHP2.xはPHP7でほぼ動作するそうだ(適当でスミマセン)。CakePHP3はリリース日時的にPHP7を考えていないとは考えづらいんじゃないか(適当で..)。
ikutyが最近使いまくっているLaravel5.xは「むしろPHP5.x使う奴なんてLaravel使う資格無し」とフレームワークから怒られそうだ。半分冗談で半分本気なのだがCakePHPと比較してより下層を吸収しようとする傾向が強い。だからLaravelはOKだ!!

今この世の中の求める生産性と対応してフレームワーク無しでPHPコードを書くことはない、とも言えるのかもしれないが、PHPは小規模な何かを要求されることが多いことを考えると、素で書いたコードも少なくないと思っている。ikutyは素で書いたコードの保守を頼まれたこともあったが、その時はCakePHP2.xに書き直しをさせてもらった。大成功だったと思ってる。(まぁ、いずれにせよCake2.xがいつまでサポートされるのかわからないけど…)

PHPはすぐに寿命が来るから、その辺りを吸収してくれそうなメジャーなフレームワークを使うべし、と思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする