非マルチサイトでユーザ情報を共有する

概要

ネットワーク機能経由のマルチサイトでなく、サブディレクトリ型マルチサイトでもなく、
単純にサブディレクトリに複数のWordPressインスタンスを並列するケースで、
複数のWordPressインスタンスから一つのユーザ情報を共有する方法について書く。

wp_users,wp_usermetaの共有

このあたりを参照すると書いてある。要は、インスタンスの数だけ作られるwp_users、wp_usermetaを使わず、一つを共有すれば良い。そのためにはwp-config.phpを修正すれば良い。ただしWordPressの互換性的な都合を理解しておく必要がある。

カスタム User テーブルとカスタム Usermeta テーブル
CUSTOM_USER_TABLE および CUSTOM_USER_META_TABLE を使用すると、通常 WordPress が利用する user および usermeta テーブルを使用せず、代わりに指定されたテーブル名を使用してユーザー情報を格納します。

WordPressは互換性確保のためwp_usersの拡張を推奨しておらず、wp_usermetaに拡張情報を持たせることになっている。拡張情報をwp_usersのカラムとして持たないことで、拡張が必要になったときに初めてwp_usermetaにレコードが作られる。つまり、wp_usermetaはインスタンス毎の拡張情報であるということ。

そのため、CUSTOM_USER_TABLE、CUSTOM_USER_META_TABLEを指定したとしても、共有しようとしたwp_users、wp_usermetaとは別にインスタンス毎にwp_users,wp_usermetaテーブルが作られる。

インスタンスのインストール時にID=1番のレコードが作られる。インスタンスの最初の管理者はこのレコードである。wp_usersのID=1はSuperAdmin的な特別なアカウントで、各インスタンスのwp_users,wp_usermetaが使われる。

共有しようとするwp_usersには、インストールしたインスタンス用のwp_usermetaが無いので「権限なし」となる。そこで、まず、各インスタンスに作られてしまったID=1でログインし、次に共有するwp_usersテーブルのアカウントにインスタンス毎の権限を付与することで解決する。

面倒だけど、確かにアカウントの互換性は保たれるな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする