文庫本

文字数が少なくて、文体が柔らかくて、とても読みやすい。
ストーリーのロジックがちょっと面倒臭いかな、とも思うけど、
切ない感じの描写が"これでもか"というぐらいに味わえる。
読み終わった後、作りモノでもいいか、という気分になる。名作かな。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
七月 隆文
宝島社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 3,275

更新日:

Copyright© ikuty.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.