「機械学習」 一覧

Azure DevOps Self-hosted Linux Agent on Azure Container Instance

2022/09/30   -Azure ML
 

By default, Azure DevOps pipeline runs on Microsoft-hosted agent. Every time the pipeline runs, it t …

AzureML カスタムDockerイメージを使う

Microsoftがキュレートしたイメージを使う他に、自分で作った勝手イメージを使うことができる。 今回は、勝手イメージを作ってHelloWorldしてみる。 AzureML上で動作するDockerイ …

Azure ML マウントされたBlobを読み書きしてみる

Azure MLのHello World続き。 今回は、既存の環境を再利用してRunスクリプトを実行してみる。 また、Microsoftが公式で説明するBlobを介した入出力をしてみる。 Azure …

Azure Machine Learningに入門する

Azure Machine Learning (Azure ML) に入門してみる。 Azure MLとは ざっくり、機械学習モデルの構築、学習、実験などの管理を行うためのSaaS型フレームワーク。 …

SageMaker用のコードをローカルで動かす – scikit-learnの決定木でアヤメの種類を分類

2021/05/23   -SageMaker
 

SageMakerはローカルで使うことができるので、それを試してみた。 この記事を書くにあたって以下の公式の記事を参考にしています。 オンプレミス環境から Amazon SageMaker を利用する …

ロジスティック回帰

参考書籍を読んでいく. 今回はロジスティック回帰. 未知のサンプルのクラスの所属確率を見積もることができる, という重要なことが書かれている. また重みの学習は勾配降下法のフレームワークの中で統一され …

機械学習の分類問題と損失関数の最小化の話

参考にした書籍でこの順序で誘導されていて理解しやすかったです. パーセプトロンによる一番簡単な教師あり学習を理解する ADALINEにより学習を凸で連続なコスト関数の最小化問題として捉える パーセプト …

球面集中現象を理解するために必要そうなことの理解 – 極座標・直行座標変換,

2019/08/02   -機械学習
 

球面集中現象を理解するために記憶にないことが多すぎるので 理解に必要そうなことを少しずつ復習していきます。 まず極座標の直行座標変換。極座標を使って球の体積を求めてみます。 次の記事で球の体積を求める …

sklearnとmatplotlibでsihoutte係数を見てみようとして失敗した話とyellowbrick

sihoutteって何て読むのか…と思うけども”シルエット”だそう。フランス語源。 ポートレート写真を背景白、顔を黒に減色した例の”シルエット&#822 …

エルボー法とは , サンプルデータへの適用例

k-means法を実行する際に妥当なkを決めたいという欲求があります。 クラスタ集合の凝集度を定量化することでkと凝集度の関係を得られます。 複数のkについてkと凝集度の関係を取得し、 そこから妥当な …

Copyright© ikuty.com , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.