FileMakerServer15の通信を無料でSSL化する方法

FileMakerServer15からデータベースの公開に関してセキュリティが考えられるようになった(本気になった感じ)。Windows VPSにFileMakerServerを配置することでお手軽クラウドが完成するので、割と重要なアップデートだと思う。

Rapid SSLは無理

CSRを作成し、証明書に署名してもらって、秘密鍵と一緒にサーバにインストールする流れはWebサーバと同じだが、RapidSSLなどドメイン認証式(かつファイル認証式)の証明書を作成する場合、FMSは80番で待っている訳ではないから「DocumentRootにファイルを配置してクロールしてもらう」という手続きを進められない。

じゃあ、簡易httpdを立てたらどうか。
RapidSSLのサイトには以下のような記述がある。

RapidSSL、PositiveSSLをお申込みの方へ
ホームページが未完成、ホームページに運営者情報が掲載されていない場合、会員制など、ログインが必要なホームページの場合、審査を通過しないケースが増えております。

仮のWebサーバを立てて80番を開けてファイルを配置しても、そもそも怪しい署名リクエストはリジェクトされちゃうらしい!とりあえず、1日経っても来なかった。

一般的なフローではないのだから、仕方ないんじゃないかな。と納得する。そして無料SSLに触手を伸ばす。

Linuxであれば、Certbotを使って90日間の証明書を発行すれば良いが、2017年3月現在、WindowsServerで動作するCertbotが存在せず、Certbotは利用できなさそうである。Windows Serverにvagrant/virtualboxを立てて80番をそこに通すというやり方を思いついたが、それは相当に面倒くさい。

Zero SSL

世の中には便利なサービスがあるものだ。Certbot認証局側をやってくれるサービスが存在する。Zero SSLだ。手順はここのサイトが詳しかった。

サービスのWizardに従ってCSRとコモンネーム(ドメイン)を入力すると、サーバの80の指定URLにファイルを置いてくれ、と言われる。Wizardに従ってNextボタンを押下し続ければ、画面に署名済み証明書と中間証明書が表示される。

FMS15側で1)証明書、2)プライベートキー、3)中間証明書を入れてくれ、と言われるが、2)のプライベートキーはFMS15で生成したものをいれる。ZeroSSLで生成されるプライベートキーは利用しない。1),2),3)を安全な場所に保管しておくこと。

肝心のポート番号だが、80を閉じても繋がるようになった。しかし、443以外のwell knownでないFileMaker専用ポートは依然として使われるようだ。SSLをトンネルとして使うという訳ではなさそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする