AWS Framework

VPC内にElastic Beanstalk + RDS の環境を構築して Laravel アプリをデプロイする [ElasticBeanstalk構築編]

投稿日:

今後も何度か同じことを調べそうなので忘備録としてまとめておく。手順をstep by stepで記述するが、それぞれ分量が多いので以下の通り章立てを行ってエントリを分割する。

  • VPC構築編
    • VPCの作成
    • VPC、NetworkACL、SecurityGroupの確認、タグ付け
    • VPCのDNSホスト名を有効にする
    • サブネットの作成、タグ付け
    • インターネットゲートウェイの作成、タグ付け、VPCにアタッチ
    • パブリックサブネット用RoutingTableの作成
    • パブリックサブネット用RoutingTableにインターネットゲートウェイの関連付け
    • 作成したサブネットをパブリックサブネット用RoutingTableに繋ぎかえる
  • RDS構築編
    • MySQLの設定変更(DBパラメータグループの作成)
    • DBサブネットグループを作成
    • RDS用セキュリティグループの作成
    • RDSインスタンスの作成
    • エンドポイントの確認、疎通確認
  • Elastic Beanstalk構築編(本エントリ)
    • 環境の構築
    • .ebextensionsによるカスタマイズ
  • Laravel5アプリデプロイ編
    • gitリポジトリからclone
    • .envの編集
    • アプリで使うDBのダンプファイルをRDSにコピー
    • Laravelインストーラの準備
    • Laravel本体のインストール
    • ビルトインサーバでの疎通確認
    • Elastic Beanstalkへのデプロイ

環境の構築

Elastic Beanstalk の各インスタンスを収める「環境」を作成する。この「環境」の中に、これまで作ってきたVPCの要素を追加する。

3分から5分程度時間を要する。

作成した環境のURLを開く

.ebextensionsによるカスタマイズ

Laravel5アプリケーションをデプロイするにあたって、環境をカスタマイズする。(qiitaを参考にした)

各ファイルは以下の通り。なお、各ファイルは yaml形式であり、空白とタブの扱いがシビア。タブでインデントすると簡単に謎のエラーに悩まされる。空文字はタブではなく半角スペース。
01_settimezone.config

-AWS, Framework

Copyright© ikuty.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.